Home > 製品一覧 > sliceOmatic

sliceOmatic(スライスオマティック)の適用分野

  • 人体構造(人体の骨、脂肪、筋肉の割合)

    CTやMRから得た医用画像を解析し、皮下脂肪、内蔵脂肪、筋肉の面積および体積の測定を行う用途に最も多く使われています。ユニークなセグメンテーション手法を、重複して適用できるため、コントラストの弱い画像に対しても効率よく作業を進めることができます。

    bodycompo


  • 生命工学

    人体の組織の一部を3Dプリンターなどでモデルとして作製する場合にSTLデータの出力プロセスとしての役割を担います。

    biomecha


  • カスタムインプラント

    implant

  • sliceOmatic利用の論文リストへのリンク(開発元へのウエブサイトへジャンプします)